宮崎日日新聞(宮日文芸)川柳

 宮崎日日新聞(宮日文芸) 川柳


 間瀬田 紋章 選




◎老いた指きればしたたる深紅の血(栄子)



◎老いという魔物へ開ける缶ビール(一花)



◎群れの中突っ立っている影法師(としを)



110.pngふる里のみどりの風で織る錦(みずほ)  
     





2018年(平成30年)7月2日(月)
宮崎日日新聞・川柳 の一部をUPしました。
選者の先生の評はP19に書いてあります。
残りの句も読んでね。全部で13句載ってます。



矢岳高原の川柳仲間のR子さんの花の苗

土と生きて川柳を詠む農民作家にエールをおくりたい。

そこにはいつも支えてくれる夫の優しさが満ち溢れている。

a0206332_18214586.jpg


a0206332_18203822.jpg


a0206332_18202017.jpg
棧 舜吉さん逝去の訃報に心が痛みました。
紋章川柳ブログさんで知りました。
なかなかお忙しいみたいでブログも前ほど更新がないので
見らずにいたらチェリーブログさんが
ラインで教えてくださいました。
(ありがとうね)
棧 舜吉さんは、何時も励ましてくださった
川柳の大先輩です。
心からお悔やみ申し上げます。
どうか安らかにお眠りください。(さくら草)







にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ ブログランキングに参加しています。クリックありがとうございます。
にほんブログ村

[PR]
Commented by チェリー at 2018-07-02 23:55 x
今晩は。台風の影響でしょうか…蒸し暑いですね。
瞬吉さんは誰にも何も言わずに逝かれましたね。大会でちょっととぼけた「オレじゃ、オレじゃ」の呼名は聞けなくなりた。今頃天国では川柳仲間と再会できたことでしょう。
Commented by kojiro-nomama at 2018-07-03 09:12
台風7号は「たいしたことないや~」
なんてタカをくくっていたら今すっごい風と雨がふってます。
サクラソウはまだ苗が小さいので大丈夫かなと
そのまんま。
瞬吉さんはあつっぱれですね。
川柳人らしい最後でした。まだ私の耳にあの人なつっこい声が聞こえます。
by kojiro-nomama | 2018-07-02 18:10 | いちおしの句 | Comments(2)

さくら草 川柳日記


by さくら草
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る