宮崎日日新聞・宮日文芸・川柳


宮崎日日新聞・宮日文芸・川柳


            間瀬田紋章 選



◎春一番逢いたい人が 飛ばされる(さだお)

◎特効薬飲んでみなよと桜咲く(信久)

◎立棺のごとく湯船に膝を抱く(てるはや)



179.pngポイントをたらふく食べた小銭いれ(みずほ)


167.png2017年(平成29年)4月17日(月)
宮日文芸・川柳を紹介しています。
13句掲載の内の一部をUPしています。
選者の先生の【評】とほかの句も合わせてご覧ください。


176.png118.png前の竹林に杉が植わっていました。
シラサギが賑やかに巣作りをしていました。
でも事情があり立派な杉はこんな形になり
シラサギの鳴き声はもうしません。
どこへ転居したのだろうか。106.png163.png



a0206332_08265042.jpg

a0206332_08263298.jpg









[PR]
Commented by チェリー at 2017-04-17 12:04 x
こをにちは。昨日はお疲れさまでした。
参加するようになって、毎回楽しみな大会になりました。
仕事をしている間は、休みがとれる範囲で大会に参加したいと思っています。
またいろいろご指導下さいね。
Commented by kojiro-nomama at 2017-04-17 13:24
チェリーさん
昨日の着物もお似合いでしたよ。
今日は、雨になりましたね。
山菜おこわがとても美味しかったですね。
じゃんけんで手に入れた「足踏みの竹」と「その他の山菜のおみやげ」が嬉しいですネ。
お仕事頑張ってくださいネ❤❤

Commented by meru103 at 2017-04-17 21:19
こんばんは~♪
杉の木が伐採されて、木材になるのかな?
巣作りしてたシラサギ・・・
お引っ越しして無事に卵を産んでくれるといいですね。
Commented by kojiro-nomama at 2017-04-18 05:19
meru103 さん
近くの住宅に「糞害」もあったらしく
地球上に人間と動物が共存するむずかしさ
がありますね。
少し離れてる私には巣作りをするシラサギの懸命な姿や声がむしろ癒しになっていたのですが・・
by kojiro-nomama | 2017-04-17 08:38 | いちおしの句 | Comments(4)