朝日新聞(宮崎版)文芸の日ラッキーなスタートだ(^_^)q♪

   朝日新聞(宮崎版)文芸の日

        川 柳  


   朝日新聞(宮崎版)さわだ まゆみ選



◎相談ごと欲しい答えを差し上げる (雅子)


◎青春をレンジでチンのクラス会 (哲年)


◎モノクロの景色が似合う人間味 (稜子)  


016.gif
2013年(平成25年)11月20日(水)P34の
川柳を紹介しています。
新聞には8句掲載。
一部をブログアップしました。選者【評】と紹介できなかった
句を今日の朝日新聞見てね(^_-★☆

      035.gif

      虹ひとつ予定に入れて家をでる(さくら草)

       

a0206332_9102136.gif
a0206332_9154835.jpg




     
[PR]
Commented by bluepolaris-mio at 2013-11-20 13:07
こんにちは。
さくら草さんの川柳とっても可愛いですね。
希望も感じます。
Commented by りんご詩姫 at 2013-11-20 14:03 x
さくら草さん、朝日新聞(宮崎版)川柳欄の掲載、ありがとうございます。感謝です。

俳句選者の岩切雅人先生が、
「老い」をテーマの投句が増え、秀句もある。だが、直接「老い」と詠んでは、作者自身が言いたい本質を見失う懸念も。
‥‥と、注意書きしておられます。
川柳も同じで、できるだけ「老い」の語彙を使わずに表現して欲しいと、日頃から私も考えています。

(^_^)
Commented by kojiro-nomama at 2013-11-20 15:37
bluepolaris-mio( 深音ちゃん)
ありがとうございます。
冷えこむと体調が悪くなるので体大事にしてね。
またいい詩を見せてね(^_-)-☆
Commented by kojiro-nomama at 2013-11-20 15:42
りんご詩姫 さん
「老い」「孫」を使いすぎたら本当に心も老け込みますね。
むずかしいです。
Commented by りんご詩姫 at 2013-11-20 18:50 x
朝日新聞(宮崎版)の『新春文芸 川柳作品募集』が始まりましたので、この場をお借りして、ご案内させてくださいませ。

~新春文芸『川柳』作品募集中!!~
新春を詠んだ川柳を募集しています。
題は自由で、お一人何句でも構いませんが、未発表の自作に限ります。
投句〆切は、12月17日(火)必着。
はがきに、郵便番号、住所、氏名、柳号(ペンネーム)、年齢、電話番号を明記の上、下記宛てにお送りください。
880-0805
宮崎市橘通東1-2-18
朝日新聞 宮崎総局
『新春作品 川柳』係

※ファクス(0985-25-4193)でも、投句可。

新春作品の掲載は、1月8日(水)です。
※なお、12月25日(水)1月1日(水)の文芸欄は休載になります。

m(_ _)m
Commented by 紋章 at 2013-11-21 00:46 x
俳句と違って川柳は自分を詠む。今を詠む。
のだと思っています。
だから、老いを前向きにと言っても、老いは老いだから、
忠実に詠むほうが真実だと思う。
自分の思いのまま作った作品でいいのではないだろうか。
Commented by kojiro-nomama at 2013-11-21 07:41
りんご詩姫 さん
「新春詠」宮日は〆切が12月1日ですのでもう出しましたよ。p(^_^)q♪
一年の速さにまいってしまいます!!
Commented by kojiro-nomama at 2013-11-21 08:04
選者の先生の中にも老若男女の方がいます。
創る側もそうです。
私は新聞投句で育った気がしますが、なが~い事やってると
色んなことが見えてきました。
ただいくら若い選者の先生もいずれは老いを見つめ老いを生きねばなりません。
その年代にならないと分からないことが沢山あります。
Commented by りんご詩姫 at 2013-11-21 12:54 x
紋章さん、ありがとうございます。
昨日の朝日新聞の俳句の1席2席では、「老い」の語彙を直接には使わずに、老いの悲哀を上手く表現されていました。決して見つけに「老い」があることを否定するわけではなく、詩的な表現や上手な比喩を用いる工夫が欲しいなあと思っています。難しいことと理解しながらも、できれば私もそんな句が詠んでみたいです。
m(_ _)m
Commented by りんご詩姫 at 2013-11-21 13:31 x
さくら草さん、森中恵美子さんのプロフィールを拝見したら‥‥昭和5年のお生まれでした。今も、大会選者として、全国各地を飛び回っておられる恵美子さんは、本当にパワフルで凄い方だなあと思います。目標にさせていただき、見習いたいです。
(^_^)/
Commented by りんご詩姫 at 2013-11-21 13:43 x
朝日新聞の俳句選者の岩切雅人先生は、俳句の世界では革新的なお考えの方です。無季の作品や、愛や恋を詠んだ作品もお好きで、よくお選びになります。
俳句と川柳の垣根がだんだん無くなってきているので‥‥これからの選者は、ますます大変になるような気もしています。
(^_^;)
by kojiro-nomama | 2013-11-20 09:16 | 今週の句 | Comments(11)