私淑(ししゅく)

   川柳 


   私淑という言葉を学生時代に覚えた。

   あまり普段使わないので、すっかり抽斗の隅で眠っていたがある本を

   読んでいたらふと目にした。

   ししゅくと読み【ひそかによし】私~ひそか  淑~よし

   つまり尊敬する人に直接教えは受けられないが、その人を模範として慕い

   学ぶこと。   


   ある程度歳を重ねると、だんだんこうなってくる。

   では川柳


    エコポイント孤独な老いも覗き込む

    
   白足袋が少し汚れる下駄の嘘


   ヘルパーをお断りする母の意地


a0206332_9322832.jpg



    
[PR]
by kojiro-nomama | 2011-10-29 09:22 | 今週の句 | Comments(0)