ブログトップ

さくら草 川柳日記 

野路の秋

  川柳

  昨日は、急に母のことが気になってきた。

 何時もの(うどん) を10号線のお店で買って行ったら母はいなかった。

 なんと母は都城の別の弟夫婦のとこに遊びに行っていたのだ。

 実家の「国富」の弟夫婦に(息抜きを)と優しい計らいだと思う。

 娘の私も出来る範囲の孝行を・・・それは川柳を創ろうとするとまず母がわたしの心に

 居座って離れない。以前やってた短歌や俳句の時のように。

 千の風になってしまった父が私に託した言葉・・


「お父さんに出来なかった孝行をお母さんにしてくれ」それから数日後父は他界した。

 高城から野路の秋をたのしみながら綾の(ほんものセンター)によって母の好きな

 物を買うのも楽しい。

 すでに綾の花火大会の案内も出ていた。急きょ母のいる都城へUターン。

 安らいだ顔の母がいた。夕方高城の私の家に実家の弟夫婦が来てしばし楽しいひとときを

 過ごし母は(やっぱり自分の部屋がいい)と嬉しそうに国富の夫婦と帰って行った。

  さて
川柳 

  
 団栗(どんぐり)の森でテンションあげる母

 
 青空の犠打の白さに母がいる(暖流賞)006.gif     ↑
 
第一会現代川柳協会誌上大会の句

a0206332_10132516.gif


  
[PR]
Commented by ゆーみん at 2011-09-16 07:34 x
大きな蜘蛛好きですか?
Commented by kojiro-nomama at 2011-09-16 07:37
 好きです。逞しいすがたに声をかけます。じっと聞いてますよ。
by kojiro-nomama | 2011-09-15 08:48 | 今週の句 | Comments(2)